20代のあなた。これからの人生を考えてみませんか?

 

このサイトは、現在20代の女性にぜひ読んでほしい
これからの人生設計・結婚などの情報を書いています。

 

20代,女性,結婚,婚活,人生設計

 

 

まだ若いから遊ぶことに精いっぱい!
と思うかもしれませんが、人生の先輩からの助言として受け取ってください。

 

20代,女性,結婚,婚活,人生設計

 

30代、40代は必ず訪れるものです。

 

あなただけの人生、未来はいくらでも創ることができます。

 

今から自分の未来について、考えてみませんか?

 

 

 

ダイエット時は、色々なことを我慢するのでストレスがたまりやすくなります。

 

1人で行っているとついつい食べ過ぎてしまったり、今日は仕方ない…
明日からがんばるなど自分に甘くなりがちです。

 

そんな時、同じ環境でダイエットをがんばっている人がいたら、一緒にがんばろうと励まされたり、あの人ができているのだから私も…
などライバル意識が生まれたり効果的になることもあるでしょう。

 

ダイエットでは立てた目標をもとに行動修正をしていくコツコツとした努力が必要で、個人個人の強い意志が試されることにもなります。

 

複数の方と一緒に行っていれば、お互いの行動にアドバイスや注意しあうことができたりダイエットについての情報交換もできるためダイエットのモチベーションもアップします。

 

複数の方と一緒に行うためにはスポーツクラブやスクールに通ったりすることもいいですが、最近ではインターネットなどを通じて遠くのダイエットをしている方とコミュニケーションをとってがんばっている方も多いようです。

 

しかし1人でないから気をつける点もあります。

 

お互い励ましあえる関係でもありますが妥協しやすい関係にもなります。

 

よく頑張ったと目標に達していなくても途中で妥協してしまう点に注意しましょう。

 

また同じように痩せていけばいいけれど自分はうまくいかない時に相手がうまくいっていたりすると、劣等感を感じやすくストレスを感じやすくなります。

 

そのストレスを上手にプラス思考にかえてダイエットに取り組むといいでしょう。

続きを読む≫ 2016/08/20 23:02:20

コエンザイムQ10は肉類や魚介類などの食品に含まれる脂溶性の物質でユビキノンとうい別名もあります。

 

人間の体の中でもつくられる栄養素ですが、生産量のピークは20代でその後年齢を重ねていくにつれて減少していきます。

 

コエンザイムQ10の機能は食事から摂取した栄養素をエネルギーにすることや抗酸化作用により活性酸素から体を守ります。

 

コエンザイムQ10が十分に足りていない状態では体が疲れやすくなったり、免疫力が低下し風邪などの病気にかかりやすくなったりします。

 

美容の面でも老化が促進されます。またコエンザイムQ10はカロリーの燃焼を促進する効果がありダイエット時にも必要な栄養素です。

 

年齢を重ねていくにつれて減少していくコエンザイムQ10を食事で補うのは量がとれず難しいところがあります。

 

またダイエット時には食事制限により肉類などは控えめにする傾向もあります。

 

脂溶性なので油に溶けて吸収する面でもダイエット時には油脂も控えめな食生活を実践していることから不足になりがちです。

 

食事では十分な摂取量が見込めないためサプリメントを利用する方が有用性を発揮できるでしょう。

 

ダイエットでは食事制限と運動を行うとともに栄養バランスを考えコエンザイムQ10を活用することで美容にも健康にもよくダイエットをサポートしてくれるでしょう。

 

=>吸収力の高いコエンザイムQ10サプリはこちら

続きを読む≫ 2016/06/26 12:35:26

エステのフェイシャルなどでもよく取り入れられているスチームパック。

 

パックの中でも、とても優秀で肌への刺激がないため、
どなたでも取り入れやすいのが特徴です。

 

パックには様々な種類が有り、メリットはパックの種類により異なります。

 

今日ご紹介するスチームパックは主に毛穴ケアに最適なパックです。

 

そもそもスチームパックは専用の機器がないとできないと思われがちですが、
実はご家庭でお金をかけずに簡単に出来るのです。

 

まず、洗面器を用意します。

 

そこに、約70〜80度前後のお湯を入れて
覗き込むような姿勢で顔に蒸気を当てます。

 

すると、蒸気によって代謝がよくなり毛穴が開いてきます。

 

毛穴に詰まりがちな不要な皮脂やメイク汚れ等が
浮き上がってきて毛穴がキレイになるのです。

 

このスチームパックをクレンジングや洗顔前にすることで、
毛穴の汚れの落ち具合が全く違うのです。毎日は面倒だと思うので、
週に2回程度取り入れることで毛穴が汚れにくくなり、
肌のキメが整ってくるので積極的に行うとよいでしょう。

 

そして、洗浄した後はかなり乾燥するので、
保湿をきちんと心がけて潤いで蓋をしてあげると
毛穴レスな赤ちゃんのようなお肌も夢ではありません。

 

気軽にできてお金のかからないスチームパック、とてもオススメです。

続きを読む≫ 2015/11/14 10:18:14

 

日本人に合う食べ物として穀類、青魚等をバランスよく、
ですが、食べ方について考えてみましょう。

 

ご家庭で魚を調理すると
キッチンが魚臭くなるとか、
調理が面倒とか、
後片付けが大変だとか
いう理由で、肉料理の方が多いという結果があるそうです。

 

その割合は56%にも上り、外食では更に62%と肉料理が占めているのです。

 

しかし、一日に一度は魚を食べるくらいのバランスが必要ですから、
魚料理にも工夫をして摂るように心がけましょう。

 

何と言っても子どもたちの将来が毎日の食事にかかっているわけですから。

 

手軽に魚を食べる手段として寿司があります。

 

なかでも人気のマグロの赤身にはDHAが多く含まれ、
脂身にはEPA、ビタミンA・D・E、血合いにはタウリン、鉄も含まれています。

 

確かに手軽に食べられるし良いのですが、
出来れば丸ごと食べる全体食が良いとされています。

 

とは言え、マグロを丸ごと頭から…とはいきませんので、
小さい魚を食べるようにすれば良いでしょう。

 

シラスなどの小魚を頭から尾まで食べると、
微量金属など普段なかなか取れない栄養分も摂れるのです。

 

シラス干しなどを食する習慣がついてしまえば大丈夫でしょう。

 

お酒のおつまみにある小魚とピーナッツなど、
塩分が少ないものであれば、子供さんにあたえるオヤツとして、
お魚を丸ごと食べるイメージがわきやすくて良いのではないかと思います。

続きを読む≫ 2015/10/17 10:55:17

健康にも美容にも大注目されている大豆食品。

 

大豆食品は、常に食卓に並んでいる身近な食品です。

 

例えば、お豆腐や納豆はもちろん、味噌なんかも大豆で出来ています。

 

最近では、夏になり暑くなってきたせいか若い人は味噌汁を飲む機会が減っているそうですが、毎朝・毎晩飲んでも良いのが味噌汁です。

 

大豆には、「大豆イソフラボン」という成分が含まれており、さまざまな分野で注目されています。

 

健康の観点で言えば、「骨粗鬆症」の予防にもなりますし、美容で言えば、ダイエットや美肌にも高い効果を発揮します。

 

そして、忘れてはいけないのが大豆イソフラボンとバストアップの関連性です。

 

大豆イソフラボンは、天然のエストロゲンといわれており、女性ホルモンと非常に近い働きをしてくれます。

 

そのため、更年期障害の諸症状で悩む方にも、大豆イソフラボンの積極的な摂取が推進されているのです。

 

この天然のエストロゲンは、女性ホルモンの影響を受けやすいバストにも効果が高いと言われており、大豆類を頻繁に食べている女性は、豊満なバストの方が多いというデータもあります。

 

グラマーなバストに憧れるのならば、是非!大豆製品を日常的に摂取してくださいね!

 

=>美容・健康に九州産煎り大豆

続きを読む≫ 2015/09/23 18:35:23

効果が出ないダイエットをしても、苦しいばかりで無意味です。

 

世の中には、無数のダイエット方法があります。

 

すぐに痩せる、かならず痩せるとされている人気のダイエット方法でも、
効果がいまいちという方もいます。

 

次から次へと新しいダイエットにチャレンジしてその都度失敗し、
別なダイエットを始める人もいます。

 

ダイエットで実際に効果を感じることは、
簡単なことでは無いと思っている人は多いはずです。

 

もともとダイエットとは、痩せなくては健康に悪影響を及ぼしかねない人がすることです。

 

最近は細身志向もあり、医学的には全くダイエットをする必要はないにもかかわらず、
もっと痩せたいと思っている人もいます。

 

必要のない減量は健康を損ねる可能性があるので、
無理してダイエットする必要はありません。

 

人体とは、生命活動を問題なく営むことを第一に置かれているため、
健康に害が出るほどの体重にはそう簡単にはなれなくて当然なわけです。

 

ダイエットをしてもなかなか効果の出ない人は、
今が自分の体の理想の体重なのかもしれません。

 

ダイエット方法に問題がある場合もよく見かけます。

 

短期間で大幅な減量をして体に良いはずがありません。

 

ダイエットの効果が出て体重が減ったように見えたものの、
病気になってしまったりリバウンドしたりという可能性があります。

 

ダイエットの効果は短期間で出そうとするのではなく、
最低でも1〜2ヶ月は継続して体に負担のかからない方法で行うことが大切です。

 

体に負担をかけずにダイエットの効果を引き出すには、結果を焦らず、
体調も考えながら無理なく取り組めるようなダイエットをすることです。

続きを読む≫ 2015/09/13 17:20:13

ゾーンセラピーとは自然治癒力を高め、
ゾーン(各部位)を刺激して健康を促す方法です。

 

足の裏のマッサージの健康法のリフレクソロジー、
足の裏のツボを刺激する中国式足つぼマッサージ、
精神と肉体との関係からの医学療法を取り込んでいる優れた療法です。

 

体質を見極め何が太った原因なのか見極めて
技術者が個人個人にあったマッサージをアドバイスや提供してくれるところもあります。

 

食事は極端な制限はなく、
好きなものを食べるのをやめたりお酒を控えたりする必要はないようです。

 

食べ過ぎていた人はこのゾーンセラピーを受けることで
正常の食事量に戻ることができそうです。

 

ストレスが原因で甘いものを食べていたり、
愛情不足で過食に走ったりしてしまうことが結構あるものなのです。

 

心身のバランスがとれると偏食が矯正されることでしょう。

 

太る体質は様々で

むくみやすい人、
代謝の悪い人、
内臓機能が低下している人、
セルライト・固太りの人

別に分けられます。

 

足の裏に刺激をいれていきますが、
むくみやすい人は

腎臓
輸尿管
膀胱ゾーン

 

代謝の悪い人は

足の裏の大脳
僧帽筋ゾーン

 

内臓機能が低下している人は

十二指腸ゾーン

 

セルライト・固太りの方は

心臓
肝臓ゾーン

に刺激をいれ改善を試みます。

続きを読む≫ 2015/09/05 12:32:05

最近流行っている、おしゃれだけどフェロモンがある、
略して「おフェロメイク」。

 

雑誌「ar」が発祥です。

 

芸能人でいうと、石原さとみさんやAKB48の小嶋陽菜さんなどでしょうか。

 

「エロかわいい」よりも上品で色っぽい、
だけどおしゃれ感もしっかり出す、とでも言うのでしょうか。

 

まずは、コレと思った芸能人をお手本にしてみるのが近道です。

 

ただし、まるまるコピーではなく、自分らしさのアピールも忘れずに。

 

リップとチークを意識するといいでしょう。

 

さらに左右非対称にすると、魅力や色気がアップします。

 

やりすぎて「汚フェロ」にならないようにしましょう。

マスカラのつけ過ぎ
チークの入れ過ぎ
眉毛の枠がくっきりし過ぎ

で、アンパンマン状態になっている方も多いようです。

 

 

また、肌を痛めないよう、保湿対策もしっかり行ってください。

 

ボディークリームは、お風呂あがりでまだ体が濡れている状態で塗ります。

 

濡れているとクリームが伸びやすくなりムラなく)塗ることができます。

 

きれいになって、愛されるかわいい女性を目指してみてください。

続きを読む≫ 2015/08/29 15:02:29

日本では、古来より米、粟(あわ)、稗(ひえ)などの雑穀類を主食にし、
周囲を海に囲まれているという環境から魚、貝、海藻を食べ、
季節の野菜などを組み合わせた独自の食生活を育んできたのです。

 

そうした食生活から、日本人の体質は穀類の消化をしやすいものとなっており、
腸は欧米人のそれよりも30%長いのだそうです。

 

欧米の肉食文化と同様の生活を送っている現代人は、
彼ら以上に糖尿病や腸癌になりやすいと言います。

 

ただ、動物性たんぱく質の摂取にしても、
日本人には魚の方が体に合いやすいのです。

 

魚の脂にはEPAという脂肪酸が含まれており、血液をサラサラに保つため、
心臓や血管を若く保ち、高血圧・糖尿病などの
生活習慣病を防ぐ効果があります。

 

老化を防ぎ、アンチエイジングに適した食材だと言えます。

 

EPAが体内でつくるDHA(ドコサヘキサエン酸)は
脳神経細胞を守る効果もあり、
頭が良くなる栄養素として一時期ブームにもなりました。

 

勿論、肉や植物から摂取する油脂とは異なる為、
どちらも健康には欠かせないものです。

 

健康を維持するにはそのバランスが大事なのです。

 

魚の脂を1とした場合、肉・植物油脂はその1.5〜2倍くらいが良いバランスでしょう。

 

そういう意味では、一日の食事の中で
一度は青魚を含んだ和食を摂る事が好ましいと言えますね。

続きを読む≫ 2015/08/16 22:36:16

血液型別ダイエットには食事の注意点だけでなくエクササイズの注意点もあります。

 

食事の注意点と同じくアメリカのドクター・タダーモ博士の研究によるものです。

 

A型の人のストレスは色々なことを考えすぎる傾向などの特徴から
頭脳と神経に疲れが滞っているので、
リラックスできるスポーツが適しているそうです。

 

ヨガやダンス、水泳、ウォーキングを週3〜5回行うといいそうです。
また体が硬くなりがちなのでストレッチで体をほぐしましょう。

 

 

O型の人は有酸素運動がストレスの解消と体重のコントロールに適しているそうです。

 

ジョギング1日30分程度を週3回、水泳1日30分程度を週3回などです。

 

汗をしっかりかくトレーニングがいいそうです。

 

 

B型は新しい環境にすぐ対応できるという利点がありますが、
環境そのものがストレスの原因になる場合があります。

 

ハイキングやサイクリングなど環境の良いところにお出かけをして
行うスポーツがストレス解消にいいようです。

 

毎日のエクササイズは激しいトレーニングと
リラックスしたトレーニングを組み合わせながら行うといいでしょう。

 

 

AB型は他の血液型と比べるとストレスに強い傾向にあるようです。

 

ストレスの対応はA型に似ているためリラクゼーションをとり入れましょう。

 

A型よりアクティブなスポーツの方が向いているそうです。

 

合気道や太極拳もいいそうです。

 

血液型ダイエットのエクササイズも参考にしてダイエットを実践してみましょう。

続きを読む≫ 2015/07/31 20:22:31