20代のあなた。これからの人生を考えてみませんか?

うつにならないために自分自身で出来ること

 

うつ病は、社会問題として大きな問題となっていますよね。

 

毎年うつ病を発症する人は、増加傾向にあります。

 

原因ははっきりしていませんが、どんな人にも発症する可能性はあり、
一概に自分だけは大丈夫とは言えません。

 

うつ病の前兆としては、

憂鬱な気分が長く続く
周りの目がとても気になる
完璧主義の思考がある
失敗すると立ち直れない
疑心暗鬼になってくる

 

このような症状を抱えている方が多く、早めに専門医院を受診することが大切です。

 

うつ病を少しでも予防するために必要なのは、まず思考を変化させる事です。

 

物事を考えるときに、白か黒かを常にはっきりとさせるのは非常に困難で、
時にはグレーでも良いというような「ゆとり」はとても大切です。

 

例えば、100点満点ではないけれど、80点には達しているから良しとしようというような、
自分に対しての甘さがないと、人は疲れ果ててしまいます。

 

今日は、これでよしとする。

 

明日は明日の風が吹く。

 

この発想は、とても大切になりますので、
簡単ではありませんが、頭の隅にでも常に置いておきましょう。

 

そして、欧米化した食生活もうつ病を悪化させているという見解があります。

 

日本人には、古き良き文化として「和食」がありますので、なるべく和食を心がけて、
バランスの整った食生活と生活習慣を心がけると、うつ病は少しでも予防する事が可能です。