早めに転職するというのも、ひとつの手段として大切です

どうしても辛い時は転職も考えよう

 

厳しい就職氷河期を乗り越えて就職したのも束の間、理想と現実はあまりに違い、
会社に行くのが辛いという方も多くいます。

 

ですが、せっかく就職した会社だから辞めるわけにはいかない。

 

このように思っていませんか?

 

あまりに憂鬱な日々が続くと、「うつ病」を発症しやすくなります。

 

うつ病のきっかけは、このように会社での悩みを誰にも話せず、
また転職などに踏み切ることができないために発症する方も多く、
特に若い男性にとても多い病気です。

 

今の会社を逃したら、もう就職先が決まらないのでは?

 

このように不安に思う気持ちはとてもよく分かります。

 

ですが、いま必要以上の我慢をして、
5年後10年後は楽しい充実した時間を持てているのでしょうか。

 

もしも、どうしても違う何かを感じるのであれば、
早めに転職するというのも、ひとつの手段として大切です。

 

世の中には、たくさんの会社があります。

 

自分の条件を多少変えることで、就職先がすんなり決まるケースも多いのです。

 

大切なのは、会社の知名度ではなく、
自分が如何に充実した時間をこの会社で過ごせるかということです。

 

時には、重要な決断が良い方向へ行くことも沢山あるということを忘れないで下さいね。