20代のあなた。これからの人生を考えてみませんか?

おっぱいを支える「クーパー靭帯」を守る方法

 

女性なら、誰もが綺麗で豊満なバストに憧れを抱くものですよね。

 

ですが、現実は7割以上もの女性がバストに対するコンプレックスがある
というデータがあります。

 

バストの悩みで多いのは、

貧乳
バストの下垂
形が悪い

 

このようなことが挙げられていますが、
バストの悩みと大きく関連するキーワードがあるのです。
それが「クーパー靭帯」です。

 

クーパー靭帯とは、どんな人でも持っているもので、
胸はクーパー靭帯により支えられています。

 

クーパー靭帯は、想像以上にもろく、
一度伸びたり切れたりすると再生が不可能だと言われていますので、
いかにこのクーパー靭帯を守るかが大切です。

 

ではここで、クーパー靭帯が切れたり伸びたりする要因についてご紹介します。

 

激しい運動による強い胸への揺れや衝撃
正しくブラジャーを装着していない
家ではノーブラ
バストのケアをしていない

 

この中の1つでも思い当たる方は、
クーパー靭帯に大きな影響を及ぼしている可能性があります。

 

クーパー靭帯は、胸の上部に存在しており、胸を吊っているような状態です。

 

しかし、胸の大きさは人により異なりますよね。

 

大きな人ほど、クーパー靭帯に負担を強いているので、
正しいブラジャーを装着して負担を軽減する必要があります。

 

家の中でも、就寝中でもブラジャーで胸を固定させるというのは大切なことです。

 

激しい運動を行うときも、胸はきちんと固定する必要があります。

 

例えば、マラソンなどはわかりやすい例だと思います。

 

胸が大きな人ほど多いと思いますが、走ると胸は揺れますよね。

 

この胸の揺れは、クーパー靭帯に大きな衝撃を与えてしまいます。

 

マラソンなどの胸を揺らすような運動をする際は、
ブラジャーだけではなく出来るだけ固定できる
サラシのようなものを巻くのが理想的です。

 

最初にお話したように、クーパー靭帯はゴムのような素材でできているので、
一度伸びたり切れたりすると元には戻りません。

 

クーパー靭帯を守りながらバストアップを促すには、
きちんと支えて持ち上げながら代謝を高めるマッサージをしてあげるのが効果的です。

 

片手で胸を持ち上げながら、
マッサージクリームなどを塗り胸を優しくマッサージしましょう。

 

これを日頃から行うと、新陳代謝が高まりますので、
血流やリンパの流れが良くなり、女性ホルモンを刺激してくれるので
バストアップしながらクーパー靭帯も守れて一石二鳥ですよ。

 

ぜひ参考にしていただき、魅惑的なバストを手に入れてくださいね。

 

=>バストケアクリーム LaChouChouはこちら