20代のあなた。これからの人生を考えてみませんか?

ストレスと肌のメカニズム

 

20代,女性,結婚,婚活,人生設計

 

現代社会ではストレスはつきものとなっていますよね。

 

人はストレスが強くなると体のあらゆる箇所に不調が表れます。

 

このような不調が続くと病気になったり、
自律神経が乱れて体がおかしくなってしまったりするのです。

 

最近では、ストレスは癌を引き起こすとまで言われていて、
ストレスはとても恐ろしいと言われています。
今日はそんなストレスと肌のメカニズムについてご紹介したいと思います。

 

まず、強いストレスが長期にかかると
自律神経が正常に働かなくなってしまいます。

 

そもそも人は交感神経と副交感神経を
交互にうまく切り替えながら生活しています。

 

交感神経とは体を活発的に働かす神経で、
副交感神経はその反対のリラックスしている状態に
働きかける休息などを促す神経なのです。

 

これがうまく交互になることで何事もなく生活していますが、
ストレスなど何だかの障害が発生すると
自律神経が乱れてうまく働かなくなるのです。

 

この影響は肌状態に大きな影響をもたらします。

 

ニキビなどの肌荒れや免疫力が低下して、
ちょっとした刺激で炎症が起きてしまったりするのです。

 

解決策としては、ゆっくり休むことに尽きるのですが、
ストレスが溜まると生活習慣の乱れや暴飲暴食も多く見受けられます。

 

このような物の影響もかなり大きいので、
疲れたら休むという当たり前な生活と規則正しいバランスのとれた食事などを
是非心がけていただきたいと思います。