20代のあなた。これからの人生を考えてみませんか?

ニオイに敏感な「嗅覚過敏」とは

 

なんだかニオイにとても敏感に反応してしまう。

 

このような方は、世界中で見ても、日本にとても多く見られるケースです。

 

日本人に多いのが匂いに敏感になる「嗅覚過敏」という症状で、
一般的に嗅覚過敏に陥るケースが最も多いのは、
女性が妊娠中の時だと言われているのです。

 

妊娠中は、黄体ホルモンの増加によるホルモンの影響や、
妊娠中に起こるHCGという成分の増加で、
嗅覚が過敏になる「嗅覚過敏」を発症するケースが多く、
つわりなどの症状の時によく見受けられるのがこの症状となります。

 

ほとんどの方は、出産して体の状態が通常に戻ると改善されます。

 

妊婦以外のケースでも、嗅覚過敏は起こりますが、
その原因としてよく挙げられるのは、精神的なストレスです。

 

ストレスが多くかかることで、「うつ病」などの様々な精神的な疾患とともに
嗅覚過敏は起こりやすいというデータがあり、治療法としては特効薬はありません。

 

薬物使用者や亜鉛不足でも同様の症状は起きやすくなるという報告があります。

 

嗅覚過敏が起きている本人は、日々の生活に支障をきたすほどの辛さがあり、
周囲の人にはなかなか理解してもらえません。

 

気になる場合は、まず専門医を受診してみることから始めてみましょう。