ちょっと工夫してにきびをカバーして陶器肌を目指そう!

ニキビを隠してしまうメイク術

 

20代,女性,結婚,婚活,人生設計

 

ニキビでお困りの若い女性が急増していますね。

 

ニキビを根本から治療するにはとても時間がかかります。

 

原因も人により様々なので、
一概にこれがとても効くなどと言えないのもニキビの大きな特徴です。

 

そんなニキビをなるべく目立たないように、
何とかメイクで修正したい方はたくさんいると思います。

 

そのような方々のためにも
少しでもニキビが上手に隠れるベースメイク術を今日はご紹介します。

 

まず、肌を均一に見せるのに欠かせないのがファンデーションです。

 

一般的に、パウダリーファンデーションはニ
キビのように凹凸のあるものをカバーするには不向きだと言われています。

 

ニキビ肌をうまく隠すには、
凹凸に入り込んでカバーできるリキッドファンデーションや
カバー力がとても高いクリームファンデーションなどがオススメです。

 

クリームファンデーションというとベタつきが気になりそうなイメージですが、
ファンデーションだけでカバーできればコンシーラーを重ねずに済むので、
厚塗りには逆になりません。

 

また、しっかりカバーしようとするあまり、
ファンデやコンシーラーを厚く塗りがちな傾向がありますが、
厚く塗るとかなり崩れやすくなってしまいます。

 

崩れてしまった時もとても汚く見えてしまいがちです。

 

薄く塗ってなじませるという行為を何度か繰り返すと、
自然にカバーができて、崩れも未然に防げます。

 

リキッドやクリームファンデーションを軽く叩き込みながら塗ったり、
ニキビが気になる部分は何度か薄く重ね塗りし、
その都度叩き込むようにしてなじませると自然かつ綺麗な陶器肌の完成です。

 

ニキビ治療中でも、自信を持って外にお出かけできるように
参考までにしていただくと良いでしょう。