信頼できる人を見極める目を持ちましょう

人を見る目を養う

 

20代,女性,結婚,婚活,人生設計

 

日本人女性の平均結婚適齢期は28歳前後と言われています。

 

ということは、30歳までに結婚している確率は
とても高いということになりますよね。

 

結婚相手を見極める目を養うということは、とても大切なことです。

 

3組に1組は離婚してしまうという現代で、幸せな結婚生活を続けていくには、
20代の若いうちに人を見る目を養う必要があります。

 

恋愛感情は、客観的な目で人を見ることができなくなります。

 

なので、出会いの時点で、どのように見極めるかが鍵になるでしょう。

 

まずは、異性に限らず交友関係も
信頼できる人だけにするのが好ましいでしょう。

 

それは「友人の紹介」という出会いが、日本人はとても多いからです。

 

男性を見るときは外見的な要素以外に、
「話し方・ご飯の食べ方・常識的なマナー」ができているのかなどを
冷静な目で判断してください。

 

これは、将来のパートナー選びにはとても重要な要素です。

 

話し方はその人の人格が現れます。

 

そして、ご飯の食べ方には品格が現れるものです。

 

常識的なマナーは、育ってきた環境が見えてきます。

 

このような重要な部分をきちんと客観的に判断できるようになるのが、
大人の女性なのです。