長くうまくお付き合いするには、お金で揉めないようにしてください

大人になってからの兄弟との上手な付き合い方

 

世の中には、色んな形の兄弟がいます。

 

仲がとても良い兄弟もいれば、ほとんど連絡を取らない兄弟も多いでしょう。

 

しかし、兄弟というのは歳を重ねると、とても大事な存在です。

 

年老いた親の相談をしたり、親が亡くなったあとも唯一力を合わせて協力できる関係です。

 

そんな大切な兄弟ですが、困ったときだけ連絡するようでは協力し合う仲にはなれません。

 

兄弟と如何に上手にお付き合いしていくかは、
日頃の何もない時の連絡の取り方にあるのです。

 

まず、結婚してお互いに所帯を持つようになると、
配偶者の思考も兄弟間の付き合いには反映されてきます。

 

例えば、冠婚葬祭での金額や、お祝いごとなどは、
出来るだけ兄弟間でギャップが出ないように心がけないといけません。

 

できれば、子供が生まれたらお祝いは○万円。

 

七五三さんや学校進学の場合の相場。

 

お年玉は幾らにするのか。

 

この点をきちんと話し合っておきましょう。

 

これは、後に兄弟間でもめる一番の要因です。

 

うちは、○万円出したのに、向こうは金額が少なかった。

 

または、うちは子供が2人なのに、向こうは3人だから金額が合わない。

 

兄弟でも、このように揉めてしまうのはよくある話なのです。

 

長くうまくお付き合いするには、お金で揉めないようにしておくこと。

 

これが何より重要だということを覚えておいてくださいね。