20代のあなた。これからの人生を考えてみませんか?

困ったときはお互い様だということを忘れない子育てをしよう

 

20代,女性,結婚,婚活,人生設計

 

昔の人は、よく「困ったときはお互い様だね」というように、
常日頃から些細なお醤油などの調味料を近所で貸し借りしたり、
困った人のために、皆で力を合わせて助けようという気持ちがありました。

 

私自身も、未だに深く心に残っているのは、
遠足の時にお弁当を落としてしまい、食べれなくて困っていた時、
周りにいるクラスメイトが、男女関係なく少しづつ分けてくれた懐かしい思い出です。

 

最近では、このような「困ったときはお互い様」
という風習は見当たらななくなってきました。

 

街で転んでバックの中身が出てしまっても、率先して拾ってくれる人は少なく、
困っている人を見ても、自分から声を掛ける人は少なくなりましたよね。

 

どこかで、「他人とかかわらない方が良い」
このような気持ちが出てしまうのかもしれません。

 

ですが、昔ながらの「困ったときはお互い様」という心は、とても豊かな感情を育てます。

 

相手の立場に立つことができて、
自分が困った時は助けてくれるありがたみを知ることができる。

 

そして、何よりこの心を持つ人が広まれば、
皆が人の立場に立った「思いやり」が生まれます。

 

今から、結婚・出産をして時代を担っていく20代の若い世代の人たちには、
是非、自分のお子さんにこのような子育てを実践していただきたいと思います。

 

一人はみんなのために。みんなは一人のために。

 

このような精神は、今後の未来を作る大きな活力になるはずです。