20代のあなた。これからの人生を考えてみませんか?

PMSなどを引き起こす女性ホルモンについて考えよう

 

20代,女性,結婚,婚活,人生設計

 

女性ホルモンや男性ホルモンという言葉は、
日頃から何気なく耳にする方も多いと思います。

 

実際に、このホルモンはどのように私たちの体に影響を及ぼしているかご存知でしょうか。

 

 

女性ホルモンとは、女性らしい体のラインを作ったり、
生理や排卵を促して妊娠機能を高めたりするのに欠かせないホルモンです。

 

しかし、女性ホルモンはストレスや加齢により大きくバランスを崩します。

 

体調によっても大きく左右される女性ホルモンは、時として体に悪影響を与えるのです。

 

その例として有名なのが、更年期障害や月経前症候群(PMS)です。

 

更年期障害は、閉経付近に症状が出るケースが多く、

異常な発汗
イライラ
のぼせ
体調不良

 

このような上記の症状に悩まされる方も多くいます。

 

そして若い女性にも多いのが、PMSです。

 

PMSとは、月経前のいわゆる高温期(黄体期)に発症します。

 

生理が来ると自然と症状は治まりますが、
症状がひどい場合はピルや漢方薬で緩和するのが一般的です。

 

気になる症状としては、

湧き上がるようなイライラ感
頭痛などの体調不良
疑心暗鬼や不安感などのうつ的な症状

 

などとなっており、誰にでも起こりやすいのが特徴です。

 

特に、出産した後に症状が悪化するケースが多いので、注意が必要です。

 

このように、あらゆる悪影響を及ぼす可能性がある女性ホルモン。

 

正しい知識と対処法を身につけて、きちんと対応してくださいね。