万が一の備えは心にも余裕ができます

将来設計型の生命保険とは

 

生命保険というのは、万が一の備えというイメージが強いですよね。

 

ですが、怪我した時や病気になった時だけのために、
生命保険は存在しているわけではありません。

 

若い人からすると、万が一なんて必要ないとか、
先のことなんて考えられないよと思うかもしれませんが、
将来設計をきちんと若いうちからしておくという、計画性が今は話題を集めています。

 

将来設計というのは、

結婚して子供が生まれたとき
子供が大きくなるにつれて成長していく段階
子供が独立して夫婦2人になったとき
隠居した後の老後生活

 

このようなライフサイクルを踏まえて、その時々に必要な資金準備を行うというものです。

 

プロの方の知識を借りながら、あらかじめどの程度の資金が必要で備えていくべきなのかを、
若いうちから計画を立てることで、先の人生を充実させることができますので、
将来設計型の生命保険は、とても今注目されているのです。

 

たとえば、子供が生まれた時に必要となる学資保険もその一つですし、
老後に備えた養老保険も将来設計の一つです。

 

生命保険に関しても、収入が多い時期に掛金を多く払い、
老後は掛金の心配することなく安心を手に入れるというような、
あらゆる選択肢が若いうちなら選べます。

 

「備えあれば憂いなし」という言葉があるように、今できることから始めることが、
将来の平穏な生活を手に入れる第一歩となる事を、私たちは忘れてはいけませんね。