最近はちょっとよくなってきた?就職氷河期をうまく乗り越える

就職氷河期をうまく乗り切るコツ

 

いくら景気が向上しているというニュースを見ても、イマイチ実感できないのが、
就職氷河期を経験している若い世代ではないでしょうか。

 

受けても受けても内定が思うように取れない。

 

やむおえなく、親に泣きつき、大学院という選択肢を選ぶ人も増えています。

 

ですが、ふと街を歩いてみると、いくらでも見つけることのできる求人情報。

 

働く先がないのではなく、働きたい場所になかなか就職できないのが今の時代なのです。

 

では、この就職氷河期をうまく乗り切り、
自分の理想とする就職先から内定をもらうためには、
一体どのように行動したらよいのでしょうか。

 

まず、今の自分のスキルが、就職したいと思っている会社から見て、
魅力的かどうかをきちんと考えてみてください。

 

英語が人よりもずば抜けて出来る。
その会社が必要とする知識を持ち合わせている
人よりも魅力的な資格を保持している
目につくような経歴を持っている

 

一般的に、このような方は、まず就職難民になることはないでしょう。

 

就職氷河期を乗り越えるためには、
相手側から見て魅力を感じる人間としてのアピールが必要です。

 

そして、そのためには、人が遊んでいる時に勉強をする地道な努力も大切です。

 

どうしてもうまくいかない時は、思考を変えて、
今の自分のスキルを必要とする会社を見つけるというのも、一つの手ですね。

 

選択肢はひとつではありません。

 

広い視野で物事を考えられるようになれば、必ず道は開けますよ。