あなたのこれからの人生を考えてみませんか?

結婚式の招待状マナー(返信する場合)

 

今の時代は、携帯にパソコンとメールで
コミニュケーションを取るのが当たり前ですよね。

 

一昔前は、今のように便利な時代ではなかったので、
メールよりも手紙が主流でした。

 

手紙を書かない現代人は、結婚式の招待状が届いても、
正しい書き方が分からないという方が非常に多いようです。

 

そんな方のために、結婚式の招待状を返信する際の注意点をご紹介します。

 

まず宛名面ですが、大体の場合は宛名の下に「行」がついています。

 

これを「様」に変更するのが一般的なので
、二本線で消してから、横に「様」と書き換えてください。

 

続いて裏面の出席か欠席かを選ぶのですが、
この時も「御」という字は二本線で消して、
出席または欠席の部分に丸を付けてください。

 

余白には、結婚される二人にお祝いのメッセージを送るのが常識的です。

 

そして、欠席を選んだ場合は、
欠席の理由と辞退するという内容を電話で直接伝えると、
気持ちが伝わり良いと思います。

 

返信はがきの余白に、欠席の理由を書く方もいますが、
おめでたい席なのでふさわしくないような内容は、
あえて書かないようにしましょう。(身内の不幸など)

 

その際には、結婚式当日に祝電などを贈ってあげると、なお印象が良いですね。

 

以上が一般的な招待状の書き方となります。

 

書き方に悩んでいる方は是非参考にしてみてください。