20代のあなた。これからの人生を考えてみませんか?

なかなか治らない浪費癖を治す方法とは

 

浪費癖というのはなかなか治るものではありません。

 

これは、自分の持っている性格ももちろんありますし、
今まで育ってきた環境の反動や、精神状態も左右するからです。

 

では、浪費癖を改善する方法はあるのでしょうか。

 

まず、浪費癖を改善するには、いくつかの注意点があります。

 

クレジットカードは作らない
お金の管理を自分でしない
お給料は少しづつ下ろす

この3点です。

 

浪費してしまう方に最も多いのがクレジットカードの利用です。

 

カードというのは恐ろしいもので、お金を使っている感覚が非常に薄いのです。

 

もちろん、ポイントやマイルを貯めることができるので、
賢く使用すればとても画期的な方法なのですが、
浪費する方は持ってはいけません。

 

最近では、ネット通販もクレジットカードで簡単に購入できるので、
持ち歩かないだけではなく、作らないのが鉄則です。

 

次に、お金の管理を極力、信頼できる親や結婚している場合は
パートナーに任せましょう。

 

そのような人がいない場合は、
銀行の定額預金などの金額を多めに設定して下ろせないようにしましょう。

 

お給料は、大きく下ろすのではなく、
必要最低限+アルファ位で押さえておくと良いでしょう。

 

ATMまで行くのが億劫になり、下ろす機会が減れば成功です。

 

浪費癖を改善するのは大変ですが、努力次第で必ず良くなります。

 

諦めずに頑張りましょう。