20代のあなた。これからの人生を考えてみませんか?

痛くて辛いタトゥー

 

ファッション感覚で、タトゥーを入れたがる若者が後を絶ちませんが、
そのタトゥーは、本当に入れても良いのかどうか考え直してみませんか?

 

タトゥーを批判するわけではありません。

 

自分で良いと決めたことならば、それも良いですが、
実はタトゥーを20代に入れて、
30代40代に後悔して除去に踏み切り方がとても増えているのです。

 

例えば、芸能人で言うと梅宮アンナさんなんかは有名な話ですよね。

 

タトゥーを入れるのは簡単ですが、除去するのは1年がかりになるんだと話していました。

 

しかも、入れるときの何倍も除去するのは痛くて、
本当に涙が止まらない気が遠くなりそうな痛みに耐えながらの除去のようです。

 

今入れたいと思っている方は、どうしてせっかく入れたタトゥーを除去するのか
意味がわからないと思っていませんか?

 

タトゥーを除去するには様々な理由がありますが、
例えば子供が生まれて夏にプールに行きたいと言われても、
タトゥーが入っているとほとんどの場所で入場ができません。

 

これは温泉施設でも同じで、行ける場所も限られてくるのです。

 

そして何より、自分の子供に同じようなことをさせたくない
という親心が大きな理由となるのではないでしょうか。

 

タトゥーを後悔しないためにも、きちんと考えてから行動しても遅くはないということを、
皆さんには覚えておいていただきたいと思います。