あなたのこれからの人生を考えてみませんか?

結婚適齢期

 

「結婚適齢期」という言葉を聞いたことがありますか。

 

ウィキペディアで調べても、
結婚適齢期とは男女が結婚するのに適切とされる年齢のこととありますが、
「適切」とは具体的に何歳くらいなのでしょうか。

 

実際に、結婚した方の平均年齢を調べたところ、
女性は28歳が平均というデータがあります。

 

これは、とても理にかなった数字で、
女性の場合は子供を産むのに適切とされる出産適齢期というものも
存在するのです。

 

基本的には、35歳以上で初産の場合は高齢出産という分類に属します。

 

現代社会では医療も発達しているので、
この定義には異論を唱える声もありますが、
卵子の低下を指摘する方も多いのが事実です。

 

卵子が低下してしまうと、出産にはリスクを伴う可能性が出てくるため、
28歳で結婚して30歳前後で出産という流れが、理想的なのだと思います。

 

逆に、じゃあ若ければ良いのか?という声もあると思いますが、
若すぎる結婚には、離婚するケースが多いのも現実です。

 

ある程度の世間も知った上で、人を見る目も養っていて、
更に出産に好ましい年齢を考慮するとなると28歳という平均は
とても納得のいく年齢ということです。(あくまで一般論です。)

 

ですが、医学の進歩により卵子の凍結なども可能になって来ています。

 

このようなことからも、これからの時代には、
「適齢期」という言葉が必要なくなるかもしれませんね。