自分が如何に守られていたのかを気がついたときは「ありがとう」と言おう!

親のありがたみを感じるのは自分が親になった時

 

20代,女性,結婚,婚活,人生設計

 

親というのは、当たり前のように洗濯してくれてご飯を作ってくれて、
学校に進学させてくれて、自分の心配をしてくれるので、
そのありがたみになかなか気づけない方が多いと思います。

 

ですが、自分が親となり子供を育てていく上で、
どれだけありがたかったかを実感する方も多いでしょう。

 

私もよく小学生の娘に、「ママは気楽でいいよね」なんて言われます。

 

実際は、毎日やることが沢山あり忙しく、
お金のかかる子供たちに不自由させないようにすることで精一杯ですが、
なかなか娘には理解できないようです。

 

ですが、それもそのはずです。

 

私自身が、今まで親に対してありがたいとか思ったことがなかったのですから。

 

親のありがたみを知るとき。

 

それは、自分が親と同じ立場になったときなんです。

 

もちろん、もっと早く気づける方も中にはいますが、
自分が如何に守られていたのかを、気がついたときは、
是非言葉に出して、お母さんやお父さんに「ありがとう」と
感謝の気を伝えてあげてくださいね。

 

そして、ほとんどの場合は、親は自分よりも早く逝きます。

 

そのことをいつも忘れずに、今できることをなるべくして、後悔のないようにしましょう。

 

親からしたら、いくつになっても子供は子供です。

 

心配されるありがたみを忘れないでくださいね。