20代のあなた。これからの人生を考えてみませんか?

離婚率増加の現状に自分が当てはまらにように気を付けよう

 

現代の日本では離婚率の増加が社会問題となっています。

 

数字で表すと、3組につき1組が離婚するというような驚きの数字で、
離婚の原因には、いくつもの要因が重なり合っています。

 

まず、離婚原因で多いものをランキング順に見てみましょう。

 

「男女別離婚原因ランキング」

 

(女性)

1位 性格の不一致
2位 ドメスティックバイオレンス
3位 生活費が少ない(渡さない)
4位 子供の教育の不一致
5位 異性関係

 

(男性)

1位 性格の不一致
2位 異性関係
3位 異常性格
4位 家事をしない
5位 浪費

 

離婚の原因のランキングを見ると、このような結果となっています。

 

男女共に1位なのは、「性格の不一致」ですが、
これは、結婚生活を送るにあたり、
日々の生活の溝が徐々に広がることから生じるのではないかと予測されます。

 

結婚とは、もともと異なる生活を送っていた他人同士が、
共同生活を始めることから始まります。

 

食事・生活習慣・好み この全てが反映される毎日の生活では、
「我慢」や「譲り合い」は欠かせません。

 

離婚を極力避けるためには、まずは相手をきちんと見極める力と、
時には自分の信念を曲げても譲るような気持ちがとても大切です。

 

特に、完璧主義を求める方にとっては、結婚生活はうまくいかないことが多いと思います。

 

時には、こんな日があっても良いと思えるような、心の余裕を持つことも大切です。