20代のあなた。これからの人生を考えてみませんか?

食生活を見直して骨を丈夫にしよう

 

20代の若い世代を中心に、慢性的なカルシウム不足による
骨密度の低下が懸念されていることをご存知でしょうか。

 

現代の日本では、欧米化した食生活が当たり前になっており、
学生から20代を中心にファーストフードやコンビニ、そしてファミレスなどが大人気です。

 

この食生活の影響で、体は慢性的な栄養不足となり、カルシウムも著しく低下しています。

 

骨はとても大切です。

 

皆さんも、骨粗鬆症という言葉をご存知だと思いますが、
高齢になった時に骨密度が低下して骨粗鬆症になると大変な事態を引き起こします。

 

このような事態にならないように、今からできる骨を丈夫にする食生活をご紹介しますね。

 

まず、カルシウムが多く含まれる食品は、

乳製品(チーズ・牛乳・ヨーグルトなど)
納豆・木綿豆腐・高野豆腐などの大豆類
小松菜
ひじき
しらす
桜えび
にぼし
切干大根
こんぶ
乾燥わかめ

 

このような皆さんもご存知の代表的な食品です。

 

毎日の食事にきちんとカルシウムの多い食材を取り入れて、タンパク質を多く摂取する事で、
筋肉もバランスよく鍛えながら骨を丈夫にすることが可能です。

 

是非、今日の食事から始めてみましょう。

 

女性に不足しやすい成分をバランスよく配合【ベルタ葉酸サプリ】はこちら